時は金なり、人生はサーカスなり

医療職だったライター、副業で生きてる 徒然なる本音をずらり

仮想通貨NEM(ZEM)、ダークウェブで100億円以上売られ下落状態

 

 

こんにちは、白嶋です。

 

元々NEM(ZEM)の機能に惹かれて、コインチェックではNEMのみ持っていた私です…。

XRPの兄弟分のような存在で知れ渡っていたNEMでしたが、リップルよりも将来性を感じていたのは間違いありません( ;∀;)

 

現在仮想通貨市場は、コインチェック事件以来の回復を見せ始め、BTCは120万を突破!

すぐに下落トレンドに入るかと思いきや、120万代をキープしつつあり、他の仮想通貨もだいぶ回復してきていますね!

 

 

流出されたNEMは、一時ホワイトハッカーの手でタグ付けされ、どこにあるのか把握できるといった状態までもっていくことができ、見守る仮想通貨ホルダーたちは「映画化できる!」なんて騒いでいましたが…。

 

 

タグ付けは気休め程度だったということでしょうか。

法的規制の整っていない市場だからこそ、ダークウェブを介してすでに交換されたNEMの総額は100億にものぼるそうです。

 

現在は一日10億程度ずつ売られているようなので、3月中旬くらいまでNEMの値段に大きな変化はないだろうという話ですね( ;∀;)

他の仮想通貨は回復している中で、「見限られたコイン」として依然下落を続けるNEMは今後どうなるのでしょうか…

 

 

 

仮想通貨市場では、世界各国のどこでこういった事件が起きても、かなりの影響力があるということが証明された事件でしたね(;´・ω・)

現時点でNEMは50円をきっています。NEMが落ち切ってこの価格だとしたら、今後は上がるしかありません!

回復の兆しが見えてくれば、だいぶ儲けも出そうな感じがしますね!(`・ω・´)ゞ

 

では、閲覧ありがとうございました!